新着情報

 
有岡日誌
12345
2020/11/27new

研究授業第2弾!

| by 校長
全開は、5年生の理科の授業でしたが、11月25日(水)には2年生の音楽の授業
を見て、先生たちで研修を行いました。
なんと、2年生の子たちは、タブレットを使って短い旋律の創作にチャレンジしまし
た。コロナ禍でピアニカを使う時間が限られていること、タブレットなら鍵盤を弾
いて音を確認できることから、タブレットにも挑戦です。
 
教室には階名や曲を聴くときに大切にしたいキーワードが掲示されていました。
授業に入る前に、タンバリンのリズムに乗って全員の名前を言うことで、楽しい雰囲
気作りをしていました。
 
授業の目当てや、どんなふうに曲作りをするかがわかりやすいように掲示物を用意
し、みんなで確認しながら授業が進んでいきます。
 
鍵盤のところに階名をシールで貼って、スムーズに曲作りに取り組めるような工夫が
ありました。「山のポルカ」という教科書に載っている曲の、一番最後のところを、
自分たちで作曲します。2人一組で相談して、いくつか作った曲を絞り込んでいきま
す。目標は「元気で笑顔になれるような曲をつくる」です。
 
 
何組かのグループが、自分たちの作った曲をみんなに発表しました。「どんなところ
を工夫したか」についても説明をしました。「低い音を続けて最後に高い音にあがる
ようにした」「つながるように階段みたいに音を選んだ」という意見が出たり、作っ
た曲に他のお友達から拍手が起こったり。どの子も主体的に音楽作りに取り組んでい
て、発表した全員が違うメロディーだったことに感心しました。
12:22
2020/11/25new

6年生~有岡平和展

| by 校長

例年修学旅行で行く広島の平和祈念公園や原爆資料館、行く前には、「戦争・平和」
について事前学習をした上で、出発していました。
今年の6年生は、広島には行けませんでしたが「戦争・平和」についてしっかりと調
べ学習を行いました。その成果を、「有岡平和展」として掲示発表しています。6年
生たちが学習した内容を1~5年生が見に行き、平和について全校生が考える機会と
なっています。
 
事前に、平和展についてお知らせするポスターも丁寧に作り掲示しました。
 
会場前には、このようにわかりやすいように案内板も作成して設置しました。
 
 
 
低学年の子どもたちにもわかりやすいように、すべての漢字にはひらがなで読み仮名
をつけてくれています。また、実物の5分の1の模型を作ったり、むずかしい言葉の
解説を入れたりなど工夫もいっぱいです。平和祈念公園には、被爆して約10年後に
放射線の影響による白血病を発症し亡くなった少女と、彼女が病気の回復を祈って
折った折り鶴をモデルとしてつくられた「平和の像」が設置されています。
原爆により広島や長崎の方が約50万人以上(現在でも、その正確な人数はわかって
いません。)亡くなられたこと、原爆が落ちた際の高温や爆風によって命を落とされ
ただけではなく、重いやけどや、放射能を浴びたことによる後遺症(失明や白血病な
ど)に長い間苦しまれたり、その後に亡くなられたりと、被害の大きさは想像を絶す
るものがあります。また、当時、韓国から労働のために日本に来られていた方もたく
さん亡くなられました。6年生の子どもたちは、その被害の様子や戦時中の子どもた
ちの生活、また戦争についての読み物(「裸足のゲン」や「ちいちゃんのかげおくり」
など)もグループに分かれて学習し、感想も書き添えながら紹介しています。
 
私が行ったときには、3年生の児童が熱心に6年生の作成した物を見て勉強していま
した。国際状況がともすれば不安定になりがちな今、あらためて「平和」について考
えるきっかけを6年生が与えてくれたと思います。
19:31
2020/11/24

5年生~自然学校(2)焼き板

| by 校長
作陶の後、みんなが教室でお弁当を食べている間に、南但馬自然学校の方が今度は
「焼き板」体験のために来てくださいました。
そして、指導員の方とリーダーさんたちが、1枚につき5分ほどかけて、板にバー
ナーで焼き目をつけて「焼き板」づくりの準備をしてくださいました。
 
5年生全員で115名ですから、かなりな時間がかかったと思います。
 
 
真っ黒に焦げ目をつけてもらった杉の板にブラシをかけて、焦げやすすをとってきれ
いな木目を出し、手に茶色のすすがつかなくなるまで布で磨きます。
その後、専用の絵の具や家から持ってきた材料を使って仕上げていきます。
 
できあがった焼き板を手に、写真撮影をしてもらった子もいました。
こちらは、持ち帰ってさっそくお家の中に飾った子もいるのではないでしょうか?
午前中の陶芸も午後の焼き板も、自然のものを使って生活が便利になるように工夫さ
れてきたものです。「自然の恵み」に思いをはせながら、自分だけの作品を大切にし
てくれるとうれしいです。
14:41
2020/11/24

5年生~自然学校(1)陶芸

| by 校長
11月20日(金)5年生が自然学校体験を学校で行いました。
コロナの関係で、4泊5日はかないませんでしたが、先日は藍染め体験、そしてこの
日は陶芸と焼き板にチャレンジしました。
はじめの集いから、自分たちで司会をして進めていきました。
左下の写真が、「はじめの集い」が始まる前の写真ですが、すでにこのときには、
リーダーの大学生の皆さんが、すぐに陶芸ができるよう簡易ろくろと陶芸用の粘度を
みんなのところにセットしてくれていました。
 
 
5名のリーダーたちが、5年生のために大学からやってきてくれました。自己紹介を
してもらったり、5年生の代表がはじめのことばを言ったりしました。
その後、いよいよ陶芸です。事前に陶芸のことを勉強したり、どんなものを作るか考
えて準備をしました。
 
 
丹波篠山市の「工房やまの」さんから陶芸家の方が来てくださって、まずは、電動ろ
くろで器を作る様子を見せてくださいました。
「ろくろに近づいて見えやすいようにすると、どうしてもお友達と距離が近くなるか
ら絶対にしゃべらないこと」とはじめに声をかけていただいて、実演が始まりまし
た。土の塊が、回るろくろの上で、手の動きに合わせてあっという間に形を変え、
「お湯のみ」「お茶碗」「片口」「とっくり」「灰皿」と変わっていく職人技に、子
どもたちは圧倒されて見入っていました。
そのあと「ひもづくり」という作り方を教えていただき、「作陶」に取りかかりまし
た。
 
 
少し悩んでいると、すっとリーダーさんがやってきて、一緒に考えたり手伝ってくれ
たり…そうしながら、固まりだった粘度が少しずつ器らしいすがたに変わっていきま
す。
力のいれ加減で、ぐにゅっとなってしまったり、あまり薄すぎたら割れてしまうと教
えてもらっtたのにどんどん薄くなってしまったり…それでも、無心になって土をこね
て最後まで作り上げました。
この後、やまのさんの工房の中で乾燥させ、底に台をつくってもらったり名前を入れ
てもらったり釉薬をかけてもらったりして、皆さんのもとに帰ってきます。
「世界にひとつしかない器」が届くのが楽しみですね。
14:04
2020/11/19

ご注意をお願いします。

| by 校長
先日、児童が下校中に見知らぬ人からタブレットで写真を撮られそうになった事案があり
ました。また写真を撮っていた人が「写真を撮ってもいいですか?」と旗当番らしき方に
声かけしていたとの情報もあります。児童は、その場から立ち去り被害はありませんでし
た。学校では、地域に出かけての写真撮影は行っておりませんし、業者等への許可もして
おりません。
子どもたちには、もしそのような場面に遭遇したら、その場から離れてお家の方に報告す
るよう学校で指導しております。また保護者の方も、そのようなことを見聞きされました
ら、学校にご連絡くださいますようよろしくお願いいたします。
17:04
2020/11/17

オープンスクール、お忙しい中ありがとうございました。

| by 校長
16日(月)、17日(火)に実施したオープンスクール、保護者の皆さまにはお忙
しい中、授業参観においでいただきありがとうございました。
コロナの感染状況が厳しくなっているので、どのような形で来ていただけばよいか、
ずいぶん考えました。そのため、保護者の皆さまには、たくさんのお願いをすること
になってしまい、申し訳ありませんでした。
そのような中、たくさんの保護者の皆さまにご来校いただき、また感染予防にもご協
力いただき、まことにありがとうございました。
 
 
20:10
2020/11/12

4年生~校外学習(子ども文化科学館・スカイパーク)

| by 校長
今日は4年生が校外学習に行きました。
行き先は、子ども文化科学館&スカイパークです。
あと4ヶ月ほどで高学年の仲間入りをする4年生。集合する姿は、落ち着いたものです。
 
4年生の先生以外も引率をしてくださいます。「お願いします」のあいさつをすると
きには、先生の号令がなくても、ちゃんと引率の先生たちの方に体を向けることがで
きていることにも感心しました。
 
「向こうで自由時間を過ごした後、自分たちで時計で見ながら決められた時間に集合
する」ということにもチャレンジしました。
子ども文化科学館ではプラネタリウムを見ました。4年生の先生に聞くと、神戸の青
少年科学館のプラネタリウムとはまた違った内容で、子どもたちは宇宙旅行を楽しん
で見ることができたようです。スカイパークでは、お弁当を食べたあと、遊具で遊び
ました。一般のお客さんや幼稚園や保育所の子どもたちもきていた中、小さな子ども
たちに遊具を譲りながら遊べていたとのこと。
徒歩での行き帰りが少し疲れたようですが、実りのある校外学習になりました。
17:41
2020/11/11

研究授業を行いました

| by 校長
有岡小学校では、先生たちの授業力向上のために、毎年授業研究を行っています。
今年度は、コロナのために今日が初めての授業研究でした。例年は、全員の先生が、
授業を見に行くのですが、今年は密を避けるために、学団(2つの学年)の先生が教
室で授業を参観しました。
5年生の子どもたちが、理科の授業が始まる前から理科室で座って、先生たちが来る
のを待ってくれていました。
今日の授業は、ふりこの学習です。「実験結果をもとに1秒ふりこをつくろう!」が
今日のねらいです。
黒板には、授業の流れがわかりやすいように掲示されています。
 
ぴしっと背筋を伸ばして、授業の始まりです!
前の授業の実験結果をもとに、1秒ふりこを作るためのふりこの長さについて、自分
が立てた予想を、グループで交流しました。交流をもとに、グループで予想をひとつ
に絞りました。
 
予想を立てた後は、いよいよ実験をしながら、1秒ふりこにするための長さを調べて
行きます。
 
実験をするときには、調べたいこと以外の条件はそろえる必要があります。おもりは
10グラム、振り幅は30度にそろえて、実験をしました。どのグループも、時間
いっぱいに実験と記録、考察を繰り返しながら1秒ふりこの長さに迫っていきました。
(ちなみに実験道具は先生たちの手作りです!)
 
 最後に、1秒ふりこ大会!30秒で30回ふりこがふれるかを全グループ一斉に試し
ました。手をあげているグループは見事30回を達成したグループです。
 
最後に、ふり返りをしました。今日の実験が充実していたことを物語るようにそれぞ
れがしっかりとふり返りを書いていました。友だちの発表を聞く姿勢もさすが5年生!
有岡小学校の前向きな子どもたちとともに、「根拠をもとに予想を立てながら解決に
迫る」という理科の授業づくりができるよう、さらに学校全体で研究していきたいと
思います。
18:08
2020/11/10

お客様が授業を見てくださいました。

| by 校長
今日は、伊丹市教育委員会から4名のお客様が来られて、3年生と4年生の授業を見
てくださいました。
<3年生 算数>
かけ算の問題の解き方について、勉強しました。
かける数が同じ場合に、どんなやり方で計算すると答えが出やすいか、ふた通りの考
え方を勉強しました。
 
 
「70円がジュースを6本、30円のみかんが6個あります。全部でいくらになりま
すか?」この問題に子どもたちがチャレンジしました。
さあ、今、この問題を読んでおられる方ならどのように式を立てられますか?
子どもたちがはじめに考えたのは、今まで習ったことをいかして、ジュースの値段と
みかんの値段を別々に計算したあと、それぞれの合計を足し算するやり方でした。
さて、他の考え方は?
みんな、図を書いて、図のジュースやみかんの絵を丸で囲っいながら考えました。
そうです!かける数が「6」と同じなので、そこに着目して、はじめに「ジュースと
みかんの値段」をあわせて(足し算)、その後、それが6個ずつあるのでかけ算をし
て答えを求めることに、気づきました。「同じ問題でも、いろんな解き方があるこ
と」「どちらでも考え方が合っていればよいこと」「なぜそういう考え方をしたのか
説明できること」など、たくさんのことが勉強できました。
<4年生 国語>
 
 
「ごんぎつね」のお話を読んで、主人公「ごん」の気持ちに迫りました。本文をてい
ねいに読んで本文の中に書かれていることばをもとに、「ごん」の「兵十」に対する
気持ちを考えていきます。友だちの発表から、同じ意見や違う意見を出し合っていき
ました。友だちの意見にうなずいたり、違う意見に出会って考え直したり、自分の意
見をあらためて違う言葉で付け足したり、それに賛同する友だちが出てきたり。
えらいなあと思ったのは、説明しているうちに言葉に詰まるお友達がいても、それを
みんながちゃんと待って、お互いに受容する雰囲気があったことです。

どちらのクラスも、全員がしっかりとお話を聞き、集中して最後まで考えている姿を
お客様にほめていただきました。
18:12
2020/11/09

1年生~公園探検

| by 校長
今日、明日と1年生が公園探検に行きます。(今日は南本町公園、明日は有岡公園です)
教室から下足場前のスペースに降りてきて、クラス毎に整列します。
早く降りてきたクラスがだまって整列すると、他のクラスがそれに続いて並びます。
次の1年生に今すぐにでも見本を見せられるくらい上手に並べていました。
 
先生から、今日のめあてを3つ教えてもらいました。①校園にある物をみつけること
 ②校園で遊ぶ時のルールを知ること ③秋をみつけること。
お話を聞いた後、列をくずさずに安全に出発していきました。
 
最後の写真は、探検から戻ってきて並んでいるところです。探検ボードには、発見し
たことをそれぞれに書いています。
どんな発見があったか、お家でお子様にきいてあげてくださいね。きっとたくさんお
話してくれると思います。人にお話しすることも大事なお勉強です。
16:36
12345